物理的領域の因果的閉包性

うさぎドロップ 第1話 「あやをとる」


あや 【綾】

● 物の表面に現れたさまざまな形や模様。特に、線が斜めに交わった模様。
● 特に苦心した、文中の言い回し。含みのある表現や微妙なニュアンス。
● 表面的には見えないが、たどると見えてくる社会や世の中の入り組んだ仕組み。裏表。




us01-2.jpg


『あやとり』 の語源は布を織る工程から来ていて、たて糸とよこ糸の関係を 「綾」 と呼ぶことから。
複雑な関係、様々な思い、30歳独身男と6歳の叔母。絡み合うたて糸とよこ糸、価値観と倫理観。
河地大吉と鹿賀りんの2人が取り持つ 「あや」 は、橋のように複雑で、川のようにまっすぐなのだろう。

関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント